女の子が自分から「体で払います」ってシチュエーション好き笑

なんか思い出したが
「体で払います」
ってシチュエーション好きだな笑。
自覚はあるのだが、やはり仕事の時は考え方が全然違うので、
結果をださなくてはいけない、という思考が強く、
真面目ではあることは否めないところがあります笑。

つまり仕事では絶対にしてはいけないシチュエーション。
自分の仕事は秘密なんで、仕事については書きませんが、
「事務している部下と上司」
ってシチュエーションやった時は良かった笑。

これをやる場合は女の子が
・社会経験がある
・それなりに固い組織にいたことがある
・上司からのプレッシャーがきつい
・言いたいことも言えないような環境にいた
・頭の回転が速い
などだと、楽しくなるのよね。
自分は上司役ですがあまりキャラクターは変わらず、
そして大きなミスを咎めたあたりから始める。
(そんなシチュエーションだけどベットの上でお互い裸ね笑。
脳内で状況だけ作るのよ)
「なんで報告しなかった怒?」
「ごめんなさい」
「ていうかこの後俺がどれだけ大変になるのかわかってんのか?」
「・・・・はい・・・すみません・・・」
「お前本当に自分がしたことわかってんのか?どう責任取るんだよ怒?」
「・・・じゃあ・・・体で払います(ここで突然笑顔になる)」
「えっ・・・・体で・・・・う~~~~ん、じゃあ仕方ないな」
みたいなね笑。
ちょ~~~~~~~~バカでしょ笑。
ミスしたら体で払えばよいと思ってる部下。
身体で払うと言われたら許しちゃう上司。
でこの後は部下の女の子が嬉しそうに
「じゃあ~~~さんの乳首舐めますね」
とか言って、いやらしく嬉しそうな顔をしながら
舐めてくる。
自分が感じていると
「~~さん気持ちいいんですか~~?じゃあキスもしますね」
とか言われて、乳首触られながら、舌入れてキス。
で自分が
「こんなことで許されると思うなよ」
と言うと
「ごめんなさい・・・じゃあち0ち0の舐めます」
のような流れ。
許さないと思っているんだけど、気持ちよくてイマイチ怒れない上司と
仕事のミスは本当は気にしていないんだけど、エッチに持っていくための
手段としてわざとミスした頭の良いエロい女。
こんな感じだったな笑。
「いつもミスしたらこんなことしてんの?」
「さぁ~~どうでしょう(にやける)」
「取引先にもこんなことしてるの?」
「まぁ・・・」
「過去に何人とやったんだ」
「3人位」
「3人?」
「あ、3人は同時にした時で、人数は多くて忘れちゃっいました」
こんな感じでやってると、普通の世界で自分は女の子に好きな感情
持ってます。
で、今回のようなシチュエーションにすると、なんか頭が良い感じに
こんがらがってきて、嫉妬みたいになるのね笑。
そうすると、なんか独占欲みたいな感情が芽生えたり、そんな部下に
「お仕置きしてやる」
みたいな感情になったりします。

こうなるともうドSの塊です。
「お前おれに隠れてそんなことしてたのか?」
とか
「どうされんのが好きなんだ?」
とか、色々アドリブのセリフが出てきます。
女の子は
「すみません・・・」
「ごめんなさい・・・」
とか言ってるんだけど、ある意味馬鹿な上司を舐めてるように
可愛く謝れば許してもらえるだろう、みたいなちょっと笑ってる感じ。
男なんで
「なめんなよ」
という気持ちになります。
そうなると相手がドMとかだったら、このブログに書いてあることの
オンパレード笑。
ほぼフルコースやれたりもしますね。

いや~~~過去に数回だけやったことあったな。
女の子がなんていうのかな、、、男脳?持ってて、
男のプライドとか嫉妬とかの感情や仕事上の立場、とか
うま~く理解してるのね。
自分がイク時とか、
「この女の子はどっちだっけ」
ぐらいまでなるときもあります。
女性からすると、自分がSになっていくのがわかるみたいで
良いみたいね。
後セックス好きな部下になりきるのも楽しそうでした。

終わった後はお互い汗びっしょり。
しばらく余韻を楽しんだ後に反省会。
「クビって言われたけど私はそこで働いてないし笑」

「年齢聞いたとき実年齢と違いすぎるでしょ笑」
とかね。
私もそうですし、女の子もそうでしたが
「楽しかったね」
となります。
勘違いしないでほしいのは、現実では絶対にやってはいけないこと、
言ってはいけないこと、そしてありえないこと笑。
だから楽しいんです。
ぼちぼち苦労しているのでわかりますが、現実に近いシチュエーションすぎると
このノリが出来なくなるんですね。
色々思い出したりしてしまうので。

このようなパターンはかなり仲良くないと出来ないと思います。
でも楽しかったな。
そしてなんかすごい気持ちよかった。
良く覚えてる。
そんな風にまた出来たらいいな、と思いブログ書いてます。
この内容は自分でも書いてて楽しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする