楽しいSMっぽいエッチをしてみませんか?

SM系のエッチもノーマルエッチも好きなSが強い男です。割り切った関係が条件ですが、普段の現実を忘れて楽しいエッチをしてみませんか?素直な心を開放するのも時には大事かな・・・と思います。自分の体験談や自分の考えなどをブログに書いていくので読んで見てくださいな。良い出会いのきっかけになればいいな、と思います。(最近は別のブログに記事書いています。「ドS男とエッチしたい、セックスしてみたい人へ。優しい意地悪なドSです。」も読んでみてくださいな)

アナル(後ろの穴)でセックス出来る女の子は意地悪出来たり、いじめがいがあるよ

time 2016/09/20

セックスするのにも色んなパターンあると思います。
20代前半まで特別な性癖もなく普通に正常位や騎乗位、バック、
フェラ、相手の気持ち良いところ舐める、ぐらいでした。
色々あって今はアナル好きです笑
なんか変わった女の子を好きになるケースが多く、
自分から興味を持った、というよりは女の子のほうから
希望してきた。というのがきっかけだった気がします。
ですがアナルは本当に体質だと思います。
痛い女の子は何回やっても痛がってしまう。
これは仕方ないですし、無理にやろうとは思いません。
私も指入れられたことありますが小指と薬指くらいが限界だな笑。
ただ痛気持ちいいかな・・・
上手く拡張していかないとダメなんだと思います。

さてアナルについてですが、昔アナル好きな女の子がいて
よくやっていました。
アナルでいっちゃう女の子だったので珍しいタイプだったんだと思います。
しばらくやらない時期があって久しぶりにやった時には
「なんか処女失ったときみたい、、、」
と言ってました笑。
この女の子とは別ですが若かりし頃に付き合ってた彼女が
「お尻って入れたらどうなのかな?気持ちいいのかな?」
と言われたので試してみたんですよね。
何も知識がなく、ローションつけて入れてみたのですが
なかなか入りません。
押し込もうとすると
「痛い」
と言います。このときは結局出来ませんでした。
今思うと当たり前なのですが、これじゃ痛いだけで
アナルでセックスが出来るのか出来ないのかわかりません。
最初の痛さで恐怖になってしまうと今後出来なくなってしまうと思います。

さて先ほどのアナル好きな女の子とのセックスですが
まず基本的にはローション必須です。
またやはり排泄器官で汚いので先にトイレに行って浣腸してました。
アナルをすると言ってもいきなりやるわけではなく、まず普通に
いちゃいちゃします。キスしたり体触ったり、舐めたりです。
濡れ方が凄い女の子だと普通に指入れた後、お尻のほうも指入れます。
濡れているのでそれをローション代わり?みたいにして
まず小指からゆっくり入れてきます。
指の閉まり方が凄いんですよね笑
慣れてきたら今度は指2本です。
最初はゆっくり時間かけます。
しばらく時間かけると抵抗がだんだんとなくなってくる。
そうするとセックス可能です。
ちなみに前2本、後ろ2本指入れてあげると凄い喘ぐ女の子でした。
この辺は私もSなので
「指何本入ってると思う?」
と聞いちゃいます
「わかんな~~い」
と狂ったように喘いでるのが好きでした笑
(ドMなんでしょうね、、、、)
挿入するときはやはりバックが一番入れやすいです。
ゆっくり入れていきます。
最初のきつさは尋常じゃありません。
半端じゃないくらいしまります。
前の穴にはない感覚です。
(最初入れる時は自分が痛いこともあります)
ポイントはゆっくり相手のペースに合わせて入れてあげることですね。
そうしないと本当の痛さになってしまうので
(痛がってると勃起しなくなるんでね笑)
しばらくすると女の子のしまりが一気になくなります。
(なんていうのかな・・・締まってやわらかくつつまれる?みたいな感じかな・・・
説明すると難しいな)
そうなると普通に動かしても大丈夫です。
アナルはなんというか底がないんです、、、、
前の穴だと奥に当たるのですが、アナルの場合は
深い、って感じ笑。
アナルが好きというよりは、自分はなんかやっちゃいけないことを
している感覚と、女の子を征服している感じが好きなんだと思います。
本当に少ないですがアナルでいっちゃう女の子だとビクビクし始めます。
前の穴に入れる時とは違う声になりますし、反応も変わるのよ。

自分がなんでアナル好きなのかな?と考えてみると
アナルが好きというよりはアナルで感じる女の子が好きなんでしょうね。
私の中の好きなプレーです。
この過程に色々Sなプレイも混ぜていますが、それはまた
別の記事に。

やったことがない女の子は時間かけてほぐしながらやったほうが
いいと思います。
ある程度までは皆広がるかと思いますので。
どうしても痛かったらやめたほうがいいですね笑
痛気持ちいい感覚は味わえると思いますが。

自己紹介と条件と連絡先

ブログ作った理由

アーカイブ