LINEとビジネスメールの大きな違い

去年まで思ってたんだけど
「今の若い人たちはスマホもあるしLINEもよくやってるからメール上手いんだろうな」
と思ってた。

今でこそそれなりにメールはちゃんと打つようにはなったが、昔はメールが嫌いだった。
仕事だと
「証拠」
になってしまうのね。
もう相手に届いたら取り返すことは出来ない笑。
今日他社の新人の男の子とちょい話す機会があったけど
「メールで何書いたらいいかわかんないです」
と言ってた。

俺はLINEのアドレス?は持っていない。
正確に言うと数年前に数か月やったけど、俺には合わなかった。
(既読・・・は怖いね笑、この辺にビビりな自分が出てる)
楽しい時期もあったんだけど、やめた1番の理由は
「時間の無駄だな」
と思っちゃったのね・・・
どうも・・・すみませんです・・・マメにメール打つ男じゃないのね。

若い人のLINEを送るスピードテンポ見てると
「すげ~~~な」
と素直に思う。
そんで
「そんなに送り返す話題があるのなら仕事でもメール上手いんだろうな」
と思ってた。

去年から今年にかけて新人社会人、3年目までの社会人とぼちぼち仕事のメールのやり取りをした。
率直な社会人先輩からの感想。
「何が言いたいのかわかんない、言いたいことや相手に伝えたい内容が書いてない」
びっくりするくらい皆こうだった笑。
学歴はみなそこそこね。
そんで
「なんでだろう?」
と疑問に思った。

よくよく聞いていくと
「下手な事は書けない」
「ビジネスレベルでの言い回しの文章を考えてると固いだけになってしまう」
「変なこと書いたら怒られる」
とかだったな・・・
うん・・・気持ちは超わかる。
今でも俺も正解はわかんない。
ただコツみたいなもんはあるのね。

ちょっとだけ自分アピールするけど笑、このブログ書くときは一つの記事に対して
「テーマとそれに対する答え」
と少し頭の中でまとめてから書き始めてる。
読み手の立場からすると
「この人はこういう事を言いたいんだな」
と納得する材料が必要。
だとするとそれを提示しなくてはいけない。
このブログはエロブログだからエロに対しての自分の答えを出さなくちゃいけないのね笑。

そんで自分の場合は
「会話ができるから文章を書けるタイプ」
なのよ。
時々嬉しいメール頂けるのは、
「文章がしっかりしてるから大丈夫そうに思いました」
というメールも来る。
こういう人は自分で文章を書いたことがある人。
やるとわかるけど関係ない第3者に対して自分の主観を保ちつつ、読まれやすい文章を作る、というのは結構難しい。
それと時々こんな仕事っぽい内容書きながら、首絞めエッチの事を同時に考えたりして書いてるでしょ笑。
「こんなことする奴はいないだろうな・・・」
と自分でも思う笑。

だから俺の場合は話してる方が魅力的に思われるタイプ。
でも皆と会う方法もないし、色々考えたうえでこのブログ書くパターンを見つけた。
(時々思うよ、俺の仕事ぶりを知ったうえでこのブログ見つけてくれたら・・・
ブログに興味持ってくれた人なら安心して俺とエッチしてくれると思う。
そう思わせるだけの真面目さはあるのね、こんなブログ書いてるから説得力0だけど笑)

ま、順番で言うとビジネス上のメールを打てるようになるには
「第3者にた対して説得できる話し方」
が必要だと思う。
時間かかるけど・・・頑張ってほしいな、と若い人と話してて思うよ。

それと言い回しとかは会社のルールや業種やコンプライアンスなども絡んでくるけど、
それなりに自分が思う丁寧語で書いた方がいいんじゃないかな・・・とも思うよ。
わかりやすい例だと
「忘れておりました」
が業種によっては
「失念しておりました」
になるでしょ。
他には
「知っております」

「存じております」
とかね。
22,3歳の子供がさ、難しい言葉使う必要ないと思うぞ、俺はね。
上司や会社方針で
「使え」
と言われてるのなら仕方ないけどさ、それよりは心こめて自分の意見や相手の立場にたったメールを
送ったほうが俺は嬉しいと思う人。
(俺がこんな感じでこのエロブログ書いてたら気持ち悪いでしょ笑。
「何考えてんのかよくわかんない」
となると思うよ)

ただね、LINEと一緒にするのは絶対にやめよう。
今日も新人の男の子と話してて思ったし、数か月前にもあったんだけど
「また送ればいいや」
と思ってるのが伝わるの。
これはね・・・怒られるぞ。
実際この件に関しては怒った。
理由としてはね
「このメールが駄目でも次また送ればいいや」
というのが伝わった。

社会人としての基本的な常識の一つに
「相手の時間を無駄に使わせてはいけない」
という当たり前の感覚がある。
メールだったら
「要件を短く簡潔にわかりやすく、相手が望む答えを書く」
が基本ね。
もう少し前の世代では感じなかったんだけど、今の若い世代はLINEの意識があるように感じた。
「短い文章でてきぱきと」
という意識ね。
プライベートならいくらでもそんなことはしていいし、全然問題ない。
ただ仕事は別だよ。
他の上司たちとも話したけど結構同じ悩み抱えてた。
「メールの意味がわかんない」
とね笑。

なんでこの話題書いたかと言うと最初に書いたように
「メールは証拠になる」
からなのね。
悪く言うと一歩間違えれば裁判の証拠になる。
そうすると企業はもちろんのこと当事者の本人は破たんするぞ。
良く言うと
「今後の評価になる」
というのも事実。
良いメールばかり来ると上司からすれば
「こいつ使えるな」
となるしね。

それときついのは重々理解して書くけど
「仕事でのメールはプレゼンテーションと同じ」
と思った方がいいと思う。
考えて書類まとめて発表して提案するのがプレゼンでしょ。
(実は俺はプレゼンしたことない笑。でもプレゼン上手そう、とは時々言われるよ)

プレゼンはミスできないでしょ、そんでもう失敗したらもう次はない可能性高いでしょ。
こういう意識は必要だと思うよ。
少しの意識で全てが変わるからさ。
もし社会で上に行くことを少しでも目指しているのなら・・・
参考になればいいな、と思った書きました。

それと22,3歳の時の社会人って大変だよね・・・
怒られるしね・・・
でもその過程がいつか役立つときがくるよ。
ひねくれないようにね。
嫌だろうけど
「今は怒られても許される時期」
でもあるのよ。
頑張ってね~~~~~!

あ、エロい話なんも書いてなかった笑。
ビジネスレベルのエロメールとかなら面白いかな・・・

~~様

お世話になっております。
先日~~様が約束していただきました、ホテルで首絞めながらキスしてレイプして頂く件がまだ果たされておりません。
期限は本日までとなっております。
~~様がお好きなTバックとストッキング履いてホテルでお待ちしておりますので1時間以内に~~ホテルまでいらしてください。
宜しくお願い致します。

う~~~ん・・・仲いい女の子からこんなメール貰ったら・・・嬉しいだろうな笑。
ありえないけどなんか超興奮しそう。
こんあ設定でエッチしてみたいね笑。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする