あえて首を絞めないで焦らして精神を苦しめると可愛くなるし愛しくなるよ。

今回はちょい上級者と言うか、それなりに男も女も首絞めセックスに
慣れている前提で書いてみます。

首絞めって最初にやるとかなり刺激的でゾクゾクした感じは味わえる。
パートナーと何回もセックスしてると相手の反応や苦しさ、限界ライン、快感などが
だんだんとわかってくる。
人間って馬鹿だな、と思うんだけど同じ快感をずっと味わうと満足できなくなってくるのよ。
いわゆる
「マンネリ」
ってやつだね。
そんな時にあえて首を絞めないで焦らす。
違った反応になるんですよ。
いつものように個人的な意見だけどね。

正常位でセックスしてるとなんとなく首絞めるようなタイミングの雰囲気に
なってきます。
当たり前だけど首絞めるのは男の方。
それなりにリードしてあげなくてはいけない。
普段だったら盛り上がってる時に、Sモードに自分がなったら雰囲気を豹変させて
首を絞めて差し上げる笑。
そうするとドM姫はご満悦な苦しさと違う世界に行く感覚と快感を味わっていただけます。
でも私は本来
「いじめっこ」
です。
好きな女の子にはいじわるしていじめたい、肉体的にもそうだが精神的にいじめるのは好き笑。
なので正常位でセックスしている時に両手で相手の首をそっとおさえてあげる。
女の子の表情は
「あ、首絞めてくれるんだな」
と言う顔をします。
(ほんとよ、慣れてる人はわかると思う)
で、そのあとは首をそっとおさえながらゆっくり腰を振る。
しばらくすると相手は
「???」
と言う顔になります。
その後もゆっくり正常位で優しいセックスをする。
時々「ちゅっ」とキスをしてあげたり、片手を首から外して
顔を撫でてあげたりする。
面白いんだけど、首絞め好きな女の子はMが強い子が多いんで、
盛り上がってる時にゆっくり優しくセックスすると物足りなくなるのよ。
少し不満そうな顔をする。
「ねぇ~~」
「ん、どした?」
「ねぇ~~~~」
「ん、どうしたの?」
と首を強く締めない事にはあえて無視する笑。
ちょい笑っちゃうんだけどね。
「なんでしてくれないの?」
「なにが?」
「・・・首・・・」
「首がどうしたの?」
「・・わかってるでしょ?」
「なにが?」
はっきし言います。
いじめです。
こういうの大好き笑。
相手に言わせるまではひたすら優しくソフトにエッチをする。
時間経つと、少し泣きそうなゆがんだ顔になるのよ。
それが可愛くてね笑。
「ねぇ、お願い」
「お願い?何が」
「だからさ・・・・首・・・」
「首?首をどうしたいの?」
「・・・首絞めてほしい・・・」
ここまで言わせると楽しいし、興奮するし、愛しくなる。
自分と相性良い女の子はエッチの時は恥ずかしがる女の子が多い。
でも、まだ駄目笑。
「なんかさ、さっき突然さ、女の子の首絞めるの良くないと思ったんだよね・・・
ほら、危ないしさ、こういうのよくないよ」
正常位中に突然自分はこんなこと言う時があります笑。
普段生意気な女の子の場合だと、数少ないいう事聞かせれるタイミングなんでね。
「何言ってんの?」
「ごめん、心入れ替えてもう首絞めたり酷いことはしないようにするね」
「・・・・・」
「ごめんね・・・」
とここまで言うと、顔がさらに泣きそうにゆがむ。
そして
「ねぇ、お願い」
「ん?」
「お願いだからして」
「ん?何を?」
「だから・・・・首絞めて・・・」
ここまで言わせたら、してあげないとかわいそうになってくる・・・・
じゃなく、もう一息追い詰めるのよ笑。
ここからSに変身します。
「おい、口のきき方なってないだろ。何偉そうに言ってんだ」
「・・・・ごめんなさい・・・」
「何をしてほしいの言ってみな」
「・・・首を・・・絞めてほしいです」
「それがお願いする奴の言い方なのか?立場をわきまえろ」
「・・・ごめんなさい・・・・お願いですから首を絞めてください」
「誰にお願いしてるの?」
「・・・ご主人様に首を絞めてほしいです。お願いします・・・」
「そんなお願いしたらこの後どうなるかわかんないぞ、それでもいいのか?」
「・・・はい・・・」
「この後何されてももう文句も言うなよ、そして言う事全部聞けよ。犯すからな」
「・・・はい・・・ありがとうございます」
とここまできたらドSになるな笑。
この後の首絞めはお互い興奮度が上がるし、お互い気持ちいラインと本当に危ないラインは
わかってるから良い意味の手加減は出来る。
その後もSとMに完全になるしね。
肉体的なプレーはもちろんだけど、精神的立場をお互いが理解すると
気持ちいいセックスになる。

ワンパターンじゃなく、お互いが工夫して焦らしのひねりとか入れると
新鮮さがあって興奮度は上がります。
多少お互いがSかMになりきる必要はあるけどね。
自分はこういうの好きだな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする