楽しいSMっぽいエッチをしてみませんか?

SM系のエッチもノーマルエッチも好きなSが強い男です。エッチ前提の関係が条件ですが、楽しいエッチをしてみませんか?素直な心を開放するのも時には大事かな・・・と思います。自分の体験談や自分の考えなどをブログに書いていくので読んで見てくださいな。良い出会いのきっかけになればいいね。

お尻(アナル)でのセックスは気持ちいい

お尻の穴に感度があるか確かめる方法(アナルバージンの人へ)

投稿日:2016年11月18日 更新日:

お尻に感度があるかないかは確認してみないとわかんないです。
簡単にだけど確認する方法書いてみます。

最初はお尻の穴に沿って指でなでるように触る。
触るというよりは軽く這うように触る、と言った感じかな・・・
ちょい反応ある場合は、好きな可能性があります。

次は軽く舐めてみる。
ほとんどの場合はあおむけになっていて少し足を持ち上げて、
舌の先で軽く舐めてあげる。
ただこれだけだとわかんないのよね。
「入れられるのが好き」
な女の子もいるから。
自分の場合はある程度大丈夫そうだったら四つん這いにさせます。
ほぼ恥ずかしがります。
ここは無視笑。
「いいから四つん這いになれ」
とね。
ある程度舐められるの好きな女の子だったら、四つん這いにして下品に舐める。
音たてて舐めるぐらいがいいかな、
流れでお尻の穴に舌をぐりぐり入れていく。
(やるとわかるけどあんまり入んないよ)
ここで反応が良かったら、喘ぎ声が弱まるまで舐め続ける。
暴れるんでお尻は鷲掴みだね笑。
相手が気持ちよさそうなら冷酷にいじめるな・・・

これくらいするとお尻の力が弱まっている。
指も入りやすくなるのよ。
ローションがあれば1番良いのだが、ない場合は小指に唾液をたっぷりつけて
お尻の穴にゆっくり、ゆっくり指を入れていく。
間違えちゃいけないのはいきなり奥までいれちゃいけない。
3歩進んで2歩下がる。
5分ぐらいかけてもいいんじゃないかな・・・
大丈夫な女の子だと小指の第2関節ぐらいまで普通に入るようになる。

その後は上と同じ要領で人差し指を入れてみる。
これも時間かけてゆっくりだね。
第2関節くらいまで入って、相手が感じてる様子があるなら、
おそらくその女の子はお尻でセックスする才能あると思う。

個人的な意見だけど、初日はここまでの方が良いと思う。
最初からいきなり男のモノを入れるには痛いし、楽しくなくなっちゃうと思う。
次に会う時に上に書いたことと同じことすると、前回よりスムーズに入るようになるのよ。
拡張してるのと心の準備が出来てるからだと思う。

お尻は排泄系の場所です。
生理的に汚いと思う人はやんない方がいいし、興味も持たなくて良いと思います。
興味ある人は、快感を得る場所がもう一つ増えます。
前と後ろの両方に感度あるとかなり気持ちよさそうには自分からは見えるな・・・

※最近は別のブログに記事書いています。
「ドS男とエッチしたい、セックスしてみたい人へ。優しい意地悪なドSです。」
も読んでみて下さい。
お会いした女性の事や自分の考え方、実際に会う時の条件なども色々と書いています。

-お尻(アナル)でのセックスは気持ちいい

執筆者:

関連記事

no image

アナル(後ろの穴)でセックス出来る女の子は意地悪出来たり、いじめがいがあるよ

セックスするのにも色んなパターンあると思います。 20代前半まで特別な性癖もなく普通に正常位や騎乗位、バック、 フェラ、相手の気持ち良いところ舐める、ぐらいでした。 色々あって今はアナル好きです笑 な …

no image

アナルセックスは好きではあるが毎回は良くないかな

アナルセックスですが、アナル好きだった女の子と正直 毎回はしていませんでした。 2,3割くらいだったかな。パーセンテージに表すと。 どうしても大好きな女の子だったらもっとすることも 可能かとは思います …

no image

アナルが気持ちいい女の子

アナル(お尻)でのセックスは女の子とぼちぼちやったことあります。 お尻が好きな女の子もいましたし、全くダメな女の子もいました。 ちょっとこの話題について書いてみようと思います。 私はどちらかというとお …

no image

後ろの穴と前の穴に同時に指入れちゃう(反応凄いよ)

アナルが好きな女の子前提ですが、、、、 指を前と後ろ両方に入れちゃいます笑。 前に 「お尻(アナル、後ろ)の穴をチャレンジしてみよう笑」 を書いた時と内容少し似てしまいますが、前戯のときに 女の子を四 …

no image

お尻(アナル、後ろ)の穴をチャレンジしてみよう笑(初心者、初体験の人へ)

お尻、いわゆるアナルに興味ある人でないとおそらく嫌だと思います。 こればかりはお尻に性感帯があるのか?ないのか?の2択になってしまうんでね。 痛い人は痛いだけだし、生理的に嫌がる人もいます。 そういう …